乳酸菌に対する購入金額と年齢との相関関係

乳酸菌の支出額は、年齢との相関関係が見られます。特定の年代層において、それが多く買われている傾向があるのですね。
結論から申し上げれば、70代以上の方がそれを買う事が多いです。年齢が若めな方々は、あまり乳酸菌を多く購入していない傾向があります。

 

乳酸菌製品の購入者と年代層との関係

 

 

というのもある公的機関なのですが、ある時に乳酸菌の支出額に関する調査を実施していたのですね。1年間に何円くらい、乳酸菌の製品に対して支出をしているかとの調査だったようです。
それによると、年代層が高めな方がそれを多く購入している事が判明しています。例えば20代以下の方々の場合、年間の支出金額はせいぜい1,700円前後だったのです。それと30代の方の支出金額もかなり低めで、2,200円前後だったのですね。また40代の方は、2,700円前後という状況でした。

 

ですので若い年齢層の方は、あまり乳酸菌の商品に対する消費を行っていないことが分かります。ところが50代以上の方々となると、ちょっと事情が異なってくるのですね。
まず50代の場合は、1年間に3,400円前後という状況でした。さらに60代の場合は、3,800円台だったのですね。20代以下の方々に比べると、実に2倍以上の数字を誇っている事が分かります。
そして際立って多いのは、70代以上の方々になります。その年代層は、年間5,000円前後は乳酸菌製品を購入している状況なのですね。

 

ちなみに上記はある公的機関による調査データなのですが、実はそれは楽天によっても証明されています。楽天で乳酸菌サプリに関するレビューの情報を見てみると、概ね上記のような状況が確認できるのですね。若い方々がそのサプリを購入しているというより、比較的年齢が高めな方が、それを購入している事例は多く見られます。ちなみに男性よりも、女性の方がそれを購入している事が多いのですが。

 

年齢が高めな方が乳酸菌を購入している事が多い

 

上記のようなデータから分かる事は、やはり高めな年齢の方々による乳酸菌の購入額の高さでしょう。年齢が高くなるにつれて、乳酸菌を購入する方々も増えてくる訳ですね。

 

思うにそれは、やはり乳酸菌によるアンチエイジングが一因だと思います。人間は年齢を重ねると、腸内年齢も高めになる傾向があるのです。それで体調不良を覚えてしまうケースも大変多いのですが、乳酸菌のサプリなどを摂取すると、それが解消される事例も多々見られます。恐らくそのアンチエイジングの効果に期待して、サプリを購入している高年齢層が多いのだと思います。